ブログトップ

プロトバグの風向き。

protobug.exblog.jp

マイペースすぎる放置プレイ!?

Parting.

それは、突然やってくる。


人を、試すかのように。


それでも私たちは、止まってはいられない。





今年もまた、この季節になったと思ってた矢先だった。
今年も数名のフレやLSメンから休止や引退のことを聞かされた。
毎度の事ながら、頭ではわかっているつもりでも、感情やらいろいろがついてこないものです。
なんとなく、ボーっと考えてて思いついたように浮かんできた詩を書こうと思います。



いくつ 涙を流したら
Every Heart 素直になれるだろう
誰に 想いを伝えたら
Every Heart 心満たされるのだろう


長い長い夜に 怯えていた
遠い星に 祈ってた


めぐるめぐる時の中で
僕たちは 愛を探している
強く強くなりたいから
今日も 高い空 見上げている


どんな 笑顔に出逢えたら
Every Heart 夢に踏み出せるの
人は 悲しみの向こうに
Every Heart 幸せ浮かべて眠る


いつかいつか すべての魂が
やすらかになれるように


めぐるめぐる時の中で
僕達は 生きて何かを知る
ときに笑い 少し泣いて
今日もまた 歩き続けて行く


幼い記憶の片隅に
あたたかな場所がある so sweet
星たちが話す未来は
いつも輝いていた so shine


めぐるめぐる時の中で
僕たちは 愛を探している
強く強くなりたいから
今日も 高い空 見上げている


めぐるめぐる時の中で
僕達は 生きて何かを知る
ときに笑い 少し泣いて
今日もまた 歩き続けて行く…


この詩の受け取り方は皆さんの自由です、
なんとなく思い出してパクっただけなので○| ̄|_
歌としての完成を聴きたい人はBoAのCD借りてください。


そう、私はだまだ歩き続けて行く、この世界を、
去っていった人達の、思い出を胸に。
また何処かで逢えると信じて。


[PR]
by Protobug-PLD | 2005-03-30 14:48 | FF11